KATSUKI'S BOLT

ボルト・ナット・ネジ 勝木のボルト

ごあいさつ

昭和34年法人組織の(有)勝木製作所を設立し、創業以来、終始一貫して品質、精度のよい 製品を生産する為に研究を重ね、機械設備の拡充及び生産方式の合理化を推進し、事業の拡大 に努めてまいりました。

近年の急激な社会の発展に伴い、原子力発電関係は勿論のこと、各種プラント工事及びそれに 付随するバルブ用ボルトナット、また配管用のボルトナットに対しても、品質及び性能はもと より、ハステロイ鋼等、特殊鋼による製品をも要求されるようになり、それにお応えすること により皆様のご愛顧を戴いてまいりました。 今後もより一層の努力を重ねて行き、皆様のご要望にお応えして行く所存でございます。

経営理念

1.私たちは、すべての人とのつながりを大切にし、優れた製品を供給してお客様の信頼を獲得することにより、社会に貢献してまいります。
2.私たちは、すべての活動において、常に正直さと誠実さをもって行動します。
3.私たちは、より働き甲斐のある、より夢のある会社を目指します。

会社概要

名称有限会社 勝木製作所
所在地東京都江戸川区南葛西1−7−3
電 話 03(3686)1401代
FAX 03(3686)1407
創業昭和34年2月
代表者代表取締役  勝 木 邦 宏
資本金3,000,000円
営業品目● 総ねじボルト    ● 特殊ピンボルト   ● 特殊アイボルト
● 特殊ピン      ● 各種六角ナット   ● 各種六角ボルト
● 特殊プラグ     ● 一般プラグ     ● 植え込みボルト
☆ 各種プラント工事配管用ボルトナット
☆ JIS,ASTM規格材による、高低圧高低温バルブ用のボルトナット
☆ 建築用各種ボルトナット          ☆ 機械精密加工部品
☆ 各種バルブ付属部品の加工製作
☆ 一般市販・小ネジ関係の販売
★ 特殊材料による、ボルトナット及び部品の加工製作

事業の沿革

昭和15年勝木外治氏が東京都葛飾区渋江町にターレット工場新設し事業を開始、横須賀海軍工廠、理研重工業の協力工場とし発足する。
昭和17年横河橋営業所及び、業平橋営業所を新設置。
昭和20年事業の廃止。
昭和27年東京都墨田区緑町三丁目に移転し、ボルト・ナットの製造販売を開始する。
昭和34年法人に改組、勝木修治代表取締役社長として、有限会社勝木製作所を設立、各種プラント工事、配管用ボルト・ナット及び石油化学関係バルブ部品のボルト・ナットの製作販売に切り替える。
昭和36年高山鋼材(株)を通じ、大同製綱(株)と特約を結びモリブデン鋼及びモリブデン・バナジユウム鋼の製品化を図り、特にスタットボルトに関しては、熱処理を施した素材での製品化を図る。
昭和40年墨田区八広の工場を葛西に移転し設備の拡充を図る。
昭和48年大田区に旋盤による部品加工専門の工場を特約し、従来のボルトのほかに精密加工部品製造に着手する。
昭和57年葛西工場内に、材料の機械試験検査機器を設置。
昭和59年本社を現在地に移転し営業活動の拡充を図る。
平成14年勝木修治前取締役社長が相談役に退き、勝木邦宏が代表取締役社長に就任する。

地図

地図
大きい地図をご覧になる場合は、地図をクリックしてください。

トップへ * 製品紹介 * 工場設備 * 検査設備 * ASTM規格(一部) * お問合わせ